2011/08/05

愛機達の紹介

皆さん、カメラライフ楽しんでいますか!

私が、カメラ道に入り込んだのは、もう30年も前の事です。
一時は、写真なんぞ撮れれば良いのだと言う暗黒面に陥りかけましたが、
DMC-GF1に出会うことにより、まっとうなカメラ道へ復活いたしました。

そんなこんなで、今や機材も増えてきました。
当然の事ながら、妻には内緒です。

カメラに詳しくないので、
機材が一同に介しない限り気づかないでしょう。
怖いのは息子(7歳)です。
変な所で観察眼が鋭いので、気を抜けません。

さて、今日はその機材の紹介をしましょう。

まずは、いにしえより伝わるフィルムカメラです。
中学時代の愛機でございます。
今は、オブジェとなっております。
一応、稼働はするんですけどね・・・・
CANON A-1 + NFD50mmF1.4

お次は、私を暗黒面より引き戻してくれた名機「DMC-GF1」です。
本体もさることながら、20mm単焦点レンズの素晴らしさよ!
使いにくい単焦点(ズームじゃないって事)を標準レンズとした潔さ!
換算40mmの絶妙さ加減!
撮りやすさを考えれば、広角よりにするところを、
あえて換算40mm!!!!!
このレンズの素晴らしさは、後世に語り継がれるで事しょう。
Panasonic DMC-GF1 + 20mmF1.7

そして、新たなる必殺武器!!!「DMC-GH2」の事ではない!
25mm単焦点のことだ!!!!!換算50mmだ!!!!!!!
A-1の標準レンズも50mmだったのだ。
昔は、単焦点標準レンズ一本で頑張ったものですよ。
ズームレンズなんて高価なものは買えませんでした。
男は、いつでも単焦点一本ですよ!
DMC-GH2 + SUMMILUX 25mmF1.4
このレンズ、単焦点のくせに大きいのですよ。
20mmパンケーキと比べてみそって感じですね。
見た目はプラスチッキーで安っぽいんですが、
中身は、そこらの安物とは違うのです!
レンズが違うのですよ!
なんたって「LEICA」ですからね。
ここで、気づきませんか?
皆様方?
DMC-GF1に25mmを装着した状態と、
CANON A-1に50mmを装着した状態とです。






雰囲気が似てませんか?
この単焦点レンズの無骨な大きさが良いですよね。
この前玉の大きさ!ガラスの輝き!良い!素晴らしい!しびれる!

無闇に小さくするのが良いわけではありませんね。
携帯性を望むならばコンデジを使いますよ。

そして、カメラの色はやっぱ黒一色です。

2 件のコメント:

  1. 漆黒のボディは、素敵な一枚を生み出しそうです。

    返信削除
  2. そう言えば、
    私のカメラは黒ばかりだな。
    カラバリが大好きなメーカもあるけど、
    やっぱカメラは黒!
    男は黒!

    返信削除