2011/06/06

脇芽(わきめ)

「わきが」と読んではいけません。

「わきめ」です。
放任主義の私ですが、これだけはちゃんと取ります。
Side BUD
すくすくと育つミニトマトちゃん
トマト育成の基本中の基本です。
この「脇芽」をせっせとわき目も振らずに取りましょう。

本当は、脇芽をこれだけ大きくしてはいけません。

育てば、育つほど、可哀相になりますからね。
この生命の息吹の力を見てください。
素晴らしいですね。
雄々しいですね。

でも、情けは禁物です。
小さいうちに、バッサリ刈り取りましょう。

初めて、ミニトマトちゃんを育てた時は、
この「脇芽」の存在を知りませんでしたから、
もう大変!
自由奔放な娘に育ってしまいました。
あっちの枝、こっちの枝、何が何やら・・・・
収拾が付かなくなりました。

泣く泣く、大きく育った「脇芽」をボッキリと逝かさせていただきました。

でも、大丈夫ですよ。
ペットボトルなどに、根っこが出るまで水栽培するのです。
1週間程度で根っこが出てきます。
そしたら土に植えてやりますと、増やすことができるんですね。
トマトは見かけによらず強いのです。

でも、そんな失敗は、もうしません。

今年は「ツインタワー」作戦です。
収穫量UPです。

一番目の花の直下の「脇芽」を伸ばして「ツインタワー」とします。
メインの茎が2本になるので、「脇芽」も2倍!「収量」も2倍!

ミニトマト食べ放題の夏が来ます。


詳しくは、「わき芽かき」でググってくださいな。

0 件のコメント:

コメントを投稿