2010/03/15

江ノ島春祭り

昨日(10/13)とは、うってかわって穏やかな小春日和な日曜日。
江ノ島の春祭りにでかけました。
今回は、GF1+20mmに加えて、50mmも持っていく事にしました。
落ち着きの無い我が息子を、如何にマニュアルフォーカスで捉えるか!
それが、本日の目的なのです。
GF1+20mm

江ノ島の入り口の橋ですね。
しかしですな、歩行者がいっぱいの時は、
自転車を押して行けって思うのですよ。
走りたいなら車道を走れ!



 
GF1+20mm

大道芸人ですね。
頑張ってください。







GF1+50mm

お約束ですが、暖かくなると出てきます。





 

GF1+50mm

とびっちょの大きな声の店員さん。
服のセンスが素晴らしい!
シビれた!





GF1+50mm

島猫ゲット!
ピントが尻の穴に来てしまった・・・






GF1+50mm

一番奥の堤防の上です。
25年ぶりに堤防の上まで来ましたら、
何やら堤防が広くなってますね。
昔は、てっぺんの幅は1m無かったよな~

足ツボ刺激道をスタスタ歩く我が息子よ。





GF1+50mm

惜しい!
息子にピントが合わなかった。
 








GF1+20mm
 
海岸に設置されていた、
謎の鉄格子?
巌窟王の住みかか?




 
GF1+20mm

何だろうか?この鉄格子は。


建物が有ったような形跡もあるのだが。
潮が満ちれば海中だしな・・・





GF1+20mm

熟睡しているオバサン。
ここで、1時間位遊んでいたが、
ずっと、寝ていた。








GF1+20mm

ダイナミックだね~。









GF1+20mm

 ん~レトロだね~










GF1+20mm

ん~昭和の香りだね~












本日のまとめ。
・CANONのFD50mm(100mm相当)は素晴らしい。明るい。素敵。
やっぱ、単焦点は明るくて良いね。
100mm相当ってところが、またちょうどの距離なんだよね。
・しかし、落ち着きの無い我が息子には、マニュアルフォーカスは厳しい。
置きピンしていても、予測外の行動をとる息子なのだ。
・だが、マニュアルフォーカスも楽しい。
フィルムの時は現像するまで成功か失敗か分からなかったが、
デジカメならば、何枚でも撮ってから確認して削除ができるしね。

読み込み中
クリックでキャンセルします
画像が存在しません

0 件のコメント:

コメントを投稿