2009/12/18

250trよ!あれがGSの灯だ。


やってしまいました。

21時を廻った頃、息子からの「帰れコール」により
仕事を投げうって帰る決心がついたのでした。

疲れというのは恐ろしいものです。
すっかり忘れてました・・・・
愛馬250trに飛び乗り、一路我が家を目指しました。

ところが・・・・
チョークを戻しても、
バァバァバァバァバァバァッと
アイドリングが高いままの250tr。
Σ(゜Д゜;ヤバイ!

バルバルバルーーーールルッ・・・・・・・・・
( ゜Д゜)ポカーン

そうです、ガス欠です。
250trは、リザーブ状態で完璧にガソリンを使い切るのです。
もう、ウンともスンとも言いません。
振っても倒してもダメです・・・・・

ドーラーえーもーんーーーー
助けてーーーーーー

((=゜Д゜=) ヨンダ?
こんな時には、JAFだよ!
年会費払ってるだろ!

ラ━━━━━━ヽ(´∀`ヽ)━━━━━━ン !!!!!
ありがとう!ドラえもん!
JAFは2輪もOKなのさ!

さてさて、携帯で#8139
JAFの人「はい、こちらJAFの人です」
私「ガス欠しました、助けて下さい」
JAFの人「ガス欠ですねw・・プッ・・ 」
JAFの人「安全な位置に車両を移動してお待ち下さい。」
JAFの人「今、調べますので・・・・」
JAFの人「週末なので、1時間半掛かります。」

Σ(´▼`;) チョット,カナリサムイノデスガ

私「・・・いいです、GSまで押して行きます。」
JAFの人「ちょっと、待って下さい(汗)、もう一回聞いてみます」
・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
・・・・
JAFの人「45分位で、何とか!」
私「・・・良いです、寒いので待ってると死んでしまいます。」
JAFの人「何処まで、押すんですか?」
私「この先のJAFの基地の横にGSがあるので・・・」

Σ(´▼`;) ソコカラハ、コレナイノカナ?と言う嫌みを込めてみたが、

JAFの人「気をつけて下さいね」
私「・・・・はい」

さて、押せば暖かくなるだろう。

しかし、これが寒い中では、
いくら押しても暖かくならないのだ。

耳は千切れそうに痛くなってくると、
アゴというか頭というか首が痛くなってくる事が分かったよ。
足の指は寒くて感覚が無くなってきたよ。
凍傷で指無くなるってのは、こんな感じなのか・・・
何だか、坂道だな・・・・
普段は気付かなかった事が、歩くと分かるんだな。
息が切れてハアハア言ってるのに、寒いんだよ・・・
助けてくれ・・・・
お腹減ったな・・・死ぬのかな、俺・・・・・

押す事、45分!(待ってれば良かったかな)
ようやくGSの灯りが見えました。
写真の高架の先がGSなのです・・・・・が、
ここから最期の難関。
またもや、坂道。
いくら押しても押しても・・・
もう見えてるってのに・・・
息が上がって、押せない。
JAFの基地を横目で見ながら(憎しみを込めた目で)、
更に押す事15分、ようやくGSに到着。
1時間おしてましたね。( ´ー`)フゥー...
さて、ここで問題です、
私は待っていた方が良かったでしょうか?
それとも、押しきった俺は素晴しい漢(オトコ)であったでしょうか。

<教訓>
1.リザーブになったら、直ぐ給油シル
2.250trは、完璧にガソリンを使い尽くすので、振っても無駄。
3.週末の夜のJAFは混んでる。
4.JAFに、「もう良いです、帰ります」と言うと、
若干だが時間が短縮するかもしれない。
5.寒い時は、いくら運動しても寒い

0 件のコメント:

コメントを投稿